/

この記事は会員限定です

「ラニーニャ」徐々に解消、寒さ和らぐ?

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
■天気のなぞ 日本に寒い冬をもたらすことが多いとされる「ラニーニャ」現象が、最盛期を迎えたとみられる。2020年夏に発生して以来、続いており、12月後半以降の低温や大雪にも影響した可能性がある。今後、徐々にこの現象は消えていく見通しだが、だからといって一気に天候が変わるわけではない。海と大気の状態の変化には、時間的なずれがある。気温が乱高下することもあるので、健康管理に気をつけたい。

気象庁の最新の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン