/

この記事は会員限定です

[社説]サイバー身代金防ぐ備え急げ

[有料会員限定]

日本企業が再びランサムウエア(身代金要求型ウイルス)の被害にあった。攻撃、被害とも増加が続いており、企業、役所、病院など標的になりやすい組織は警戒を強める必要がある。予防策だけでなく、たとえ防御を破られても被害を最小限にくい止める次善策を講じておくことが大事だ。

今回被害にあったのはトヨタ自動車系部品大手デンソーのドイツ法人だ。犯行グループは設計図や納入先からの発注書などのデータを盗み出し、身代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン