/

この記事は会員限定です

[社説]東芝は長期の成長戦略で信頼回復急げ

[有料会員限定]

東芝が2021年3月期の決算にあわせて今後の経営方針を発表した。社外取締役による戦略委員会を設置し、企業価値向上の議論を進めるという。

前社長兼最高経営責任者(CEO)の車谷暢昭氏が4月に辞任した。英投資ファンドの買収提案が中断するなど、東芝は経営の混乱が続いている。

今後の経営方針で「大幅に改善すること」として、全てのステークホルダー(利害関係者)との信頼関係の再構築をあげたのは当然だ。信頼回復には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン