/

この記事は会員限定です

太陽光はレガシーになるか 石原ディーゼル規制と比較

点照

[有料会員限定]

9日にお別れの会が催された石原慎太郎元東京都知事。小池百合子都知事が石原都政の功績で真っ先に挙げるのがディーゼル規制だ。肝煎りの太陽光発電の義務化はディーゼルのようなレガシーになるのか。石原都政で副知事を務めた青山佾(やすし)明治大名誉教授と考えてみた。

都は2030年に再生可能エネルギーの利用割合を5割にするとし、都内の住宅1棟ごとに太陽光に適しているか判定した地図をつくって導入を促している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン