/

この記事は会員限定です

大配信時代、今度こそ「作り手が王様」に

編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

「コンテンツが王様」――。ビル・ゲイツがそんな題の文章を発表したのはウェブ草創期の1996年だった。

近年までこの決まり文句は、主に伝送・流通を業とするメディア企業の競争力は流せるコンテンツで決まる、という意味合いが強かった。

しかし高速インターネットが無線と有線の両方で普及し、コンテンツ製作企業が直接消費者に作品を届けられるようになった今日では、伝送・流通企業に比べてコンテンツ供給者の力が強くな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン