/

この記事は会員限定です

[社説]勤務地を柔軟に選べる制度をつくろう

[有料会員限定]

働く人にとって勤務地が将来変わるかどうかは重要な関心事だ。転勤は家族にも大きな負担となりうる。様々な事情を抱える社員に能力を発揮してもらうためにも、企業は勤務地を柔軟に選べる制度づくりを進めてほしい。

厚生労働省の有識者検討会が、将来の異動の範囲を明示するよう企業に義務付けることを報告書で提示した。勤務地や職務が決まった限定正社員であれば、「東京都内・営業」などと文書で示す。

希望と違う異動を命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン