/

この記事は会員限定です

春秋(1月14日)

[有料会員限定]

おととい90歳で亡くなった歴史探偵こと半藤一利さんは、生きた忠犬ハチ公に会った体験を書いたり語ったりしている。4歳の折、東京の浅草から地下鉄などに乗り渋谷へ。ハチにせんべいをあげたという。下町育ちの昭和の生き証人は史実をグッと身近にしてくれた。

▼ボートに明け暮れた学生時代を経て、文芸春秋社へ。終戦時の政府や軍部、宮中の混乱を取材し「日本のいちばん長い日 運命の八月十五日」をまとめあげた。「週刊文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン