/

この記事は会員限定です

[社説]特養入所者に医療が届きやすい体制を

[有料会員限定]

特別養護老人ホームの入所者に医療を届ける体制は課題が多い。施設の配置医の役割が健康管理などに限定され、かといって外部の医療機関による訪問診療も利用しにくい。新型コロナウイルスのような感染症への対応を強めるためにも早急な改善が必要だ。

特養入所者への医療は、施設が契約する配置医が日常的な健康管理を担当し、これを超える専門医療が必要になった場合は外部の医療機関で受診したり、入院したりすることが基本だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン