/

この記事は会員限定です

中国という国家でなく、中国共産党とG7の「決裂」

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

13日に閉幕した英国での主要7カ国首脳会議(G7サミット)が中国に極めて厳しい内容の共同宣言を発表する直前、同国は北京で最新鋭ステルス戦闘機「殲(せん、J)20」などが編隊飛行する共産党創設100年式典の予行演習を実施した。

新疆ウイグル自治区での人権と自由の尊重、英中共同声明と香港基本法に明記された香港の人権と自由および高度の自治の尊重、台湾海峡の平和と安定の重要性、東・南シナ海の現状変更に反対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習政権ウオッチ

経済や安全保障面で米国の一極支配を打破しようとする中国の習近平政権の中枢で何が起きているのか。習国家主席による腐敗撲滅政策の狙いなどを的確に報じ、「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した中沢克二・日本経済新聞編集委員(前中国総局長)が深掘りする。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン