/

この記事は会員限定です

[社説]電力の供給体制を万全に

[有料会員限定]

全国で電力の需給が逼迫している。寒波の影響で暖房などの需要が増える一方、供給力の確保は綱渡りが続く。

電力は経済・社会活動の血液だ。これを止めてはならない。需給逼迫がなぜ起きたのか。原因を調べたうえで対策を講じ供給体制を万全にしなければならない。

供給力の余裕度を示す予備率は通常、最低3%必要とされる。供給が需要を満たせなくなれば、大規模停電が起きかねない。電力各社は電力を融通しあうなどやりくりを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン