/

この記事は会員限定です

[社説]農政は成長戦略の視点さらに

[有料会員限定]

食料自給率の低下や米価の下落で農業界が動揺している。政府は食料の供給基盤を守るという農政の目的を達成するためにも、輸出をはじめとした成長戦略をいっそう強化してほしい。

2020年度の食料自給率はカロリーベースで37%と、過去最低の水準になった。コメの需要が減り続けていることなどが原因だ。農地の減少も続いている。

異常気象で食料の生産が不安定になるリスクが国際的に高まっている。国内の生産基盤がこれ以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン