/

この記事は会員限定です

日本勢、水素の優位保てるか 技術失速の前例断ち切れ

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

日本は水素で先行している。燃料電池など関連技術の特許出願数は世界一だと胸を張る。水素時代にこの優位は保てるのか。懸念が拭えないのは、新技術の導入初期に優位にあった日本企業が、普及期に入ると失速する苦い前例を何度も見てきたからだ。

英東岸ハンバー川の河口域で、「カーボンゼロ」の産業クラスター整備が始まった。工場や発電所から出る二酸化炭素(CO2)を回収し、天然ガスや風力発電でつくる水素を燃料に切り替...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン