/

この記事は会員限定です

[社説]首相はインバウンド再開へ指導力示せ

[有料会員限定]

岸田文雄首相が5日、ロンドンの金融街シティーで講演し、「6月には他の主要7カ国(G7)並みに円滑な入国が可能となるよう水際対策を緩和する」と表明した。「鎖国政策」とも批判される今の厳しい入国規制は、日本の国益を大きく損ねている。

岸田首相は「G7並み」という自身の言葉を外向けのリップサービスで終わらせてはならない。絶えて久しい外国人観光客の受け入れ再開を含む入国措置の正常化に一日も早く踏み込むと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン