/

この記事は会員限定です

[社説]緊急事態宣言の拡大を機に対策素早く

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス対策で、緊急事態宣言を11都府県に広げた。菅義偉首相は13日の会見で「感染が全国に広がる前に対策を講じる」と説明したが、遅きに失した感がある。地域の実情に合わせた素早い対策が必要だ。

先行して宣言が出ていた首都圏の1都3県に大阪、愛知、福岡など7府県を加えた。菅首相は当初、宣言の対象地域の拡大に慎重だった。1週間足らずで判断を変えた根拠はわかりにくい。

大阪府は2020年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの感染症法上の分類が2023年5月8日に季節性インフルエンザと同じ「5類」に移行しました。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません