/

この記事は会員限定です

[社説]金融機関は本人のための認知症対応を

[有料会員限定]

全国銀行協会が認知症になった人との取引に関する指針をまとめた。本人の医療費に使う場合などに限り、代理権の無い親族らによる預金の引き出しを認める考えを打ち出した。悪用に注意しつつ、本人と家族のためになるようにうまく活用していきたい。

認知症は今や、だれしも関わる可能性がある社会課題だ。2025年には約700万人、高齢者の5人に1人が認知症になるとの推計もある。多くの人の財産を管理する金融機関が認知症...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン