/

この記事は会員限定です

[社説]「子ども庁」は組織論で終わらせるな

[有料会員限定]

各省庁にまたがる子ども施策を一本化する「子ども庁」の議論が自民党内で始まった。若手議員のグループが提言し、菅義偉首相が検討を指示していた。

子ども関連の施策は子育て支援や児童虐待防止、少子化対策など多岐にわたり、所管は多くの省庁にまたがる。例えば就学前施設は保育所が厚生労働省、幼稚園が文部科学省、認定こども園が内閣府で「縦割り」と指摘されてきた。

提言は保健、福祉、教育などを包括的に担当する役所を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン