/

この記事は会員限定です

[社説]沖縄の重み再確認する復帰50年に

[有料会員限定]

沖縄県は15日、復帰50年を迎えた。今なお米軍基地の7割が沖縄に偏在するなか、国際情勢は沖縄の安全保障上の重要性を高めている。凄惨な沖縄戦、米国統治、現在に至る米軍駐留。苦難の歴史を強いてきた痛みを胸に、沖縄の重みを改めて確認したい。

沖縄はしばしば石にたとえられる。先の大戦では本土防衛の時間を稼ぐ「捨て石」とされ、国内最大の地上戦の戦場となった。戦闘や自決による住民の犠牲は軍人軍属の死者に匹敵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

沖縄復帰50年

1972年の沖縄の本土復帰から半世紀。基地問題や観光振興など、これまでの歩みと未来への取り組みを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン