/

この記事は会員限定です

温暖化の脅威に北極域から迫る 氷河のわずかな動き測定

[有料会員限定]

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は最新の報告書で、温暖化の元凶が人間の活動にある、と断定した。新たに活用された北極域のデータが影響力を持った。国立極地研究所、海洋研究開発機構、北海道大学を中心に2020年6月に始動した国の「北極域研究加速プロジェクト(ArCSⅡ)」も注目を集める北極域研究で存在感を出そうとする。

北大の研究グループは21年7月、グリーンランドのボードイン氷河の直前で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン