/

この記事は会員限定です

梅雨に異変 線状降水帯、多発のワケ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

大規模な土石流が起きた静岡県に続き、九州、山陰なども大雨に見舞われた。関東も激しい雷雨があった。昔から「梅雨末期の集中豪雨」は恐れられているが、近年は特に激しさを増している。温暖化が進めば極端な大雨の頻度は増え、雨量がさらに増加する可能性がある。

今年は梅雨の主役の一つで、冷たい北東風を吹かせるオホーツク海高気圧がほとんど姿を見せていない。もう一方の主役の太平洋高気圧は日本の南に張り出し、高気圧の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン