/

この記事は会員限定です

[社説]米国は中東の安定に責任を

[有料会員限定]

バイデン米政権が中東政策の見直しに動き出した。イラン核問題の外交解決を目指す考えを示す一方、サウジアラビアが軍事介入するイエメン内戦への支援を停止した。パレスチナ支援は再開する。

トランプ前大統領は中東の指導者との個人的な関係や経済取引を重視し、地域の分断を深めた。多国間協力や普遍的な人権を重視するバイデン政権の姿勢は望ましい。ただ、軌道修正の反動といえる混乱も起きている。米国は自らの政策転換が中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン