/

この記事は会員限定です

対中「デカップリング」政策は効くのか 米国で論議に熱

Global Economics Trends 編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

中国への不本意な技術流出を防ぎ供給網の中国依存を減らす、対中「デカップリング」政策の実効性に関する議論が米国で活発だ。

米リーダー層はオバマ政権末期になってようやく、米国が育てた技術が中国の企業や軍に時に不正な形で取得され、軍事と経済の安全保障上の脅威になっていくサイクルに気づいた。そのサイクルを断ち切るために、貿易制限措置を派手に取り入れたのがトランプ政権だった。そしてバイデン政権はそれを維持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4865文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません