/

この記事は会員限定です

[社説]注視したい米大型対策の影響

[有料会員限定]

米国の1.9兆ドルにのぼる追加経済対策が連邦議会で可決され、バイデン大統領の署名を経て成立する運びとなった。新型コロナウイルスの感染防止策と家計・企業・地方の支援策が柱だ。

コロナ禍に対応する財政出動の必要性は言をまたないが、規模の大きさを懸念する向きもある。米当局は景気の下振れと上振れのリスクをともに警戒し、今後の政策運営に慎重を期すべきだ。

1月に発足したバイデン政権にとって、コロナの封じ込め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン