/

この記事は会員限定です

脱炭素へ技術・政策を総動員 ジャン-エリック・パケ氏

欧州委員会 研究・イノベーション総局長

[有料会員限定]

欧州連合(EU)は脱炭素と経済成長の両立をめざす「欧州グリーンディール」のなかで、再生可能エネルギー、省エネ、水素製造などの研究・イノベーションを進めてきた。エネルギー転換のために使える多様な技術が既にある。ロシアによるウクライナ侵攻は、これらへの一層の投資と社会実装の加速を我々に迫っている。

現在、100の都市で、2030年までに温暖化ガス排出を実質ゼロにする計画が進行中だ。パリ、ブリュッセル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン