/

この記事は会員限定です

[社説]脱ガソリンに挑む日本の自動車産業

[有料会員限定]

2030年代半ばまでに国内で売る新車はハイブリッド車や電気自動車(EV)などすべて電動車にする。そんな目標を政府が年内にも打ち出す見通しになった。

地球温暖化の防止に向け、ガソリン車の縮小は世界の流れだ。日本の自動車産業も波に乗り遅れず、ガソリン時代に続いて電動車時代の競争優位を築いてほしい。

英国のように2030年代にハイブリッド車を含むすべてのエンジン搭載車の販売を禁止する国や地域もあるが、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン