/

この記事は会員限定です

[社説]携帯の電波競売は競争環境にも配慮を

[有料会員限定]

総務省の検討会で携帯電話用に新たな周波数を割り当てる際に、高い価格を提示した事業者が落札する「電波競売(オークション)方式」の導入の是非について議論が進んでいる。

欧米では20年以上前からオークションが始まっている。電波の割り当ての透明性を高め、周波数利用の効率化を促すためにも、日本でも前向きに検討すべきだ。

ただ既存の事業者が強大な財務力にモノをいわせて周波数を独り占めし、競争環境が後退するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン