/

この記事は会員限定です

国境越えるビッグブラザー 権力はスマホから生まれる

編集委員 西村博之

[有料会員限定]

米上院の情報特別委員会で8月、不穏な証言が飛び出した。「米成人の80%は完全な個人情報が中国の手中にある」との内容だ。

証言したのは国家防諜(ぼうちょう)安全保障センターのエヴァニナ前長官。「米政府が自国民に関してもつ以上の情報を中国はもっているかもしれない」とも述べた。

デジタル技術を使った中国国内での監視に、もはや驚きはない。街中での顔認証、SNS(交流サイト)の監視……。9月は企業がもつ情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

西村 博之

経済・金融政策、市場、銀行、貿易を取材。日銀キャップなどを経てニューヨーク駐在。トランプ政権の移民政策に関するルポが世界新聞・ニュース発行者協会の18年「アジア・メディア賞」特集部門で銅賞。経済部次長、英文統括エディター、編集委員兼論説委員を経て現職。近著に「リブラの野望」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン