/

この記事は会員限定です

[社説]コロナ下のカスハラ拡大防げ

[有料会員限定]

小売店や飲食店などで従業員が利用者からの過度な苦情や迷惑行為に悩まされる例が目立つ。こうした行為はカスタマーハラスメント(顧客からの嫌がらせ)と呼ばれる。今年に入り厚生労働省は関係省庁による連携会議を発足させ対応マニュアル作りを始めた。

カスハラの放置は従業員の士気を下げ、コロナ下での消費生活を支える人材の確保やサービス向上を妨げる。経営者は国の指針作りへの協力と並行し、企業や業界単位でも防止策に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン