/

この記事は会員限定です

株主が迫る「インパクト」 ウクライナ危機が変えた市場

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

長期化の様相を強めるウクライナ危機は、経済制裁への協力を通じた政治的行動の損得を、企業が改めて意識するきっかけにもなった。具体的な行動をとるよう迫る株主の声も無視できなくなっている。

米エール大学のジェフリー・ソネンフェルド教授らは、ロシアのウクライナ侵攻直後から、企業別にロシア事業の撤退・縮小リストを作成している。5月12日時点で、ロシア事業を何らかの形で見直すと表明した企業は全世界で約900...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン