/

この記事は会員限定です

[社説]時の壁崩した強制不妊判決

[有料会員限定]

被害者の前に立ちはだかっていた「時の壁」を崩した判決だ。

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして男性が損害賠償を求めた裁判で、東京高裁は国に1500万円の賠償を命じた。賠償命令は、2月の大阪高裁に続き、2件目だ。

最大の焦点になったのは、不法行為から20年たつと損害賠償請求権が消滅する「除斥期間」だった。提訴は各地で相次いでいるが、地裁段階ではこれが壁になり、敗訴が続いた。今回の東京高裁判決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン