/

この記事は会員限定です

異例の韓国大統領選、政権交代のジンクス崩れるか

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

5年ぶりに保守派が政権を奪還するのか、革新政権が継続するのか――。3月9日に投開票日を迎える韓国大統領選は、革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)氏と保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が激しく競り合っている。

政権交代めぐる3つのジンクス

「帝王的」と称される大統領を決める戦いは今後5年間の対日政策を含む国政全般を左右する文字通り天下分け目の合戦である。大統領選と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン