/

この記事は会員限定です

COP26・米中共同宣言は「手打ち」の意味も

編集委員 安藤淳

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「米中が気候変動問題への協力で共同宣言を出すらしい」。現地時間の10日午後6時前、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)のメディアセンター近くの記者会見場周辺が、にわかに騒がしくなった。この時間は中国が会見を開く予定だったが、会見者や内容は不明だった。中国側の担当者が持っていたスマートフォンをのぞくと、中国の解振華担当特使が出席すると書いてある。場内はみるみる記者で埋まった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン