/

この記事は会員限定です

「梅雨のはしり」で早くも大雨の恐れ

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]

日本の南海上には前線が横たわり、梅雨時のような天気図になってきた。例年だと5月末~6月半ばに、九州南部から順次梅雨入りするが、今年は早い。今週後半から「梅雨のはしり」とも言われる、本番の前ぶれのような曇りや雨の天気が西~東日本で現れやすくなる。南からの水蒸気をたっぷり含んだ暖かい空気の勢いが強いため、蒸し暑く雨量が多くなる日もある見通しで、今のうちから大雨への備えが必要だ。

梅雨前線は北の冷たいオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン