/

この記事は会員限定です

[社説]企業は人権の侵害なくす取り組みを

[有料会員限定]

企業が顧客や社会に信頼され、事業を続けていくには、すべての人の人権を尊重した経営でなければならない。自社はもちろん、取引先も含めて目配りし、人権を守る責任ある行動が求められる。

企業活動がグローバル化する中で、途上国での劣悪な労働環境や児童労働などに批判が強まっている。供給網の労働環境について調査・報告を求める「現代奴隷法」が英国で成立するなど、国際社会からの監視は強まる一方だ。

消費者の見る目は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン