/

この記事は会員限定です

浴衣の夏ふたたび 色・デザイン自由に、伝統粋に

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

夏祭り、縁日、花火大会――。コロナ禍は日本の夏の風物詩に欠かせないイベントとともに浴衣姿を街から消し去った。でも、出番を縛る必要はないのかもしれない。伝統と革新。そのバランスのなかで自分らしいスタイルを見つけ、表現する人が増えている。今年こそ浴衣を着てみてはいかが?

ブーツをコーデ 自由な色に染めて

5月8日、東京・渋谷区で音楽イベントが開かれた。ひとり客、友人同士、母娘、夫婦などさまざまだが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン