/

この記事は会員限定です

[社説]政治主導の成熟へ省庁も立て直せ

[有料会員限定]

日本の行政を官僚主導から政治主導に変えることをめざした平成の統治機構改革が節目を迎えている。衆院選が小選挙区比例代表並立制で行われてから四半世紀、中央省庁の再編から20年となり、目標としてきた政治主導はほぼ定着したといってよいだろう。

一方で、中央省庁は思っていた以上に地盤沈下が進み、シンクタンクとしての役割に不安が出ている。政治主導をさらに成熟させるには、官僚機構の立て直しも欠かせない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン