/

この記事は会員限定です

コロナ禍が問う真のグローバルヘルス

[有料会員限定]

2011年に公開された映画「コンテイジョン」は、いま見返すと、まるで新型コロナウイルスのパンデミックを予言したかのようなパニックムービーだ。

香港発の致死性の強いウイルスは瞬く間に世界に広がる。都市はロックダウンに追い込まれ、人々は接触感染(コンテイジョン)を避けるために距離をとる生活を強いられる。社会には恐怖から生まれるデマがまん延する。ワクチン開発にメドがつきエンディングを迎えるのだが、現実の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経・FT感染症会議

二度と危機を繰り返さないために――。10月27-28日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長を議長に、感染症対策に携わる国内外の第一人者が集結。2日間にわたる会議での議論を通じて、社会経済に多大なる影響をもたらす感染症に備えるには何が必要か、具体的な課題解決策を盛り込んだ提言「東京感染症ステートメント2021」をまとめました。


関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン