/

この記事は会員限定です

[社説]不正許さない給付の仕組みを

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐる不正受給が次々と明るみに出ている。警察庁によると、5月末までに摘発された事件は全国で3315件、被害総額は約32億8500万円に上る。9億円超をだまし取ったとみられるグループも摘発された。

中小企業や個人事業主を支える公費をだまし取った悪質な犯罪である。警察による徹底的な捜査とともに、同じような不正を防ぐ仕組みを考えねばならない。

給付金の手続きはスピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン