/

この記事は会員限定です

春秋(1月11日)

[有料会員限定]

春の花壇を代表する存在といえばまずチューリップが頭に浮かぶ。秋に植えられた球根はいま、冷たい地面の下で冬が過ぎ去るのを待つ。「チューリップ喜びだけを持つてゐる」(細見綾子)。句の通り、心がウキウキするような鮮やかな色彩をめでる日が待ち遠しい。

▼日本に伝わったのは江戸時代の末期。それより前、17世紀のオランダで投機対象となり「バブル」が起きたことはよく知られているが、原産はヨーロッパではなく中央...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン