/

この記事は会員限定です

[社説]非正規の待遇を公正・透明に

[有料会員限定]

正社員と非正規従業員の不合理な待遇格差を禁じる「同一労働同一賃金」の制度が、4月から中小企業にも適用された。

中小企業は雇用されている人の約7割が働く。制度が浸透すれば、非正規の人の処遇を改善する効果は大きい。中小企業の経営者に真摯な対応を求めたい。

同一労働同一賃金は政府の働き方改革の柱の一つとして制度化された。基本給、賞与、各種手当や休日・休暇、教育訓練といった待遇全般について、仕事内容や責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン