/

この記事は会員限定です

首都直下地震の被害想定 「避難生活」重点に見直しへ

デンシバspotlight

[有料会員限定]

東京都が首都直下地震の被害想定を10年ぶりに改定します。この間、耐震化が進んで建物は壊れにくくなり街の安全度は高まりました。一方で都心の人口が増え、高齢化や単身世帯化も進みました。震災関連死が増えないよう避難生活も重視して見直します。

10月7日、東京や埼玉が震度5強の強い揺れに見舞われました。建物などへの被害はあまりありませんでしたが、鉄道が点検などのため止まり、帰宅や翌日の出社に影響が出ました...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4586文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン