/

この記事は会員限定です

首都圏で再び大雪は降る? 局地低気圧で予想外の積雪も

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
■天気のなぞ このところ、日本付近を低気圧がよく通る。年明け早々の1月6日には南岸低気圧の影響で東京や千葉、神奈川などで予想外の大雪となった。11日も北日本と南岸を低気圧が通過したが、関東の平野部は雨だった。これから14日にかけては強い冬型の気圧配置となり、太平洋側は乾燥する。どんな条件のときに、太平洋側の平地で雪が降りやすいのか。再び首都圏の大雪はあるのだろうか。

西高東低の冬型の気圧配置のとき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン