/

この記事は会員限定です

訪日外国人は「歩く財布」か 試される旅文化

NIKKEI The STYLE 文化時評

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

訪日旅行(インバウンド)への水際規制がほぼ消え、外国人観光客が京都に戻りつつある。あるタクシー運転手によれば「(新型コロナウイルス流行前の)人気トップ3は金閣寺、嵐山の竹林、赤い鳥居の伏見稲荷大社」だった。いずれも色鮮やかで写真映え満点だ。

11月の平日、この3カ所や祇園、三年坂など有名スポットを回ってみた。コロナ前には遠いものの、確かに外国人が必ずいる。しかし見た目の印象でもっとも比率が高かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1711文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

NIKKEI The STYLE の名物コラム「文化時評」の記事サイトです。アート、文学、サブカルチャーなど文化・社会における旬の話題やニュースを論評します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません