/

この記事は会員限定です

「資本主義」が軽すぎる

十字路

[有料会員限定]

政府が11月19日にまとめる経済対策には、岸田文雄首相の肝煎りである「新しい資本主義実現会議」の緊急提言が反映される。もれ伝わる経済対策は、給付金の支給や「Go To トラベル」の再開、マイナンバーカード普及に向けた施策などだ。

30兆円という対策規模の大きさが先行している印象も強い。経済思想としての「資本主義」と何か関係あるのかと、いぶかる向きも多いだろう。賞味期限が迫ったお菓子を木箱に詰め込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン