/

この記事は会員限定です

[社説]政権ど真ん中に規制改革を置き直せ

[有料会員限定]

「規制改革を政権のど真ん中に置く」は菅義偉氏が首相に就いたときの公約である。

首相の諮問機関、規制改革推進会議の小林喜光議長(三菱ケミカルホールディングス会長)が答申を提出した。デジタル庁の発足を控え、答申はオンライン化する行政手続きなどを多数列挙した。しかし既定のものが混在しており一覧しても新味が感じられない。

デジタル技術を生かし、対面によらなくとも消費者や働く人が利便性と満足度の高いサービスを受けられるようにする必要性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン