/

この記事は会員限定です

和牛を米国で売り込め、JA全農の「薄切り作戦」

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、影響を受けた農産物の一つに牛肉がある。インバウンド(訪日外国人)消費の激減や外食の低迷で、深刻な打撃を受けた。だがその傍らで、牛肉販売の可能性を示した売り先がある。海外だ。

米カリフォルニア州。コンテナ貨物基地のロングビーチ港から車ですぐのところに、その食肉加工施設はある。衛生管理の行き届いた室内で、作業着に身を包んだスタッフが重さを量っているのは、和牛のブロック肉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン