/

この記事は会員限定です

iPS細胞医療、事業化へ支援不可欠 日本発の強み生かせ

科学記者の目 編集委員 安藤淳

[有料会員限定]

政府の再生医療戦略が、大きな節目を迎えている。京都大学の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞後、政府はiPS細胞を使った再生医療の実用化プロジェクトに10年間で1100億円を投じた。2022年度はその最終年度にあたり、iPS細胞医療の「特別扱い」は終わる。iPS細胞で劇的な治療効果が得られたという報告はなく、臨床現場で本格的に使われるようになるのはこれからだ。日本発の医療として成長させるには良好な治療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン