/

この記事は会員限定です

[社説]パワハラ撲滅は社長が先頭に

[有料会員限定]

トヨタ自動車の社員が上司のパワーハラスメントが原因で自殺したことを巡り、同社が遺族側と和解した。日本を代表するグローバル企業で労災を防げなかったことは極めて残念だ。トヨタの責任は重く、パワハラ撲滅へ努力を尽くさなければならない。

2017年に自殺したトヨタ勤務の男性は、直属の上司から「ばか」「死んだほうがいい」などと暴言を受けていた。若手社員は日ごろからこの上司の圧迫的な言動を知っていたが、幹部は認識していな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン