/

この記事は会員限定です

[社説]子宮頸がん接種へ環境整えよ

[有料会員限定]

厚生労働省は子宮頸(けい)がんの予防接種を積極的に勧奨するかどうかの議論を始めた。田村憲久前厚労相の意向を受けたもので、10月初めの専門家会合では勧奨再開に異論は出なかった。

子宮頸がんのワクチン接種が進む国々で発症リスクが大きく減ったとの効果も報告されている。世界保健機関(WHO)も公衆衛生上の観点から接種を勧める。日本でも再開の時期に来たのではないか。今後は当事者が接種を受けるかどうか納得して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン