/

この記事は会員限定です

ありのまま受け止める 佐々江賢一郎さんの人間観養う本

佐々江賢一郎・日本国際問題研究所理事長(リーダーの本棚)

[有料会員限定]

小説家になろうと思っていた。

小学5年生の時、本好きな両親が山岡荘八の『徳川家康』を読みふけっていて私にも読んでみろと。30巻近くありましたが、そこに繰り広げられる人間の愛憎劇や宿命とか、群雄割拠して生死を争うとか、天下統一までの過程でものすごい闘争がある。子供なりに世の中ってこんなふうになっているのかと感動したのを覚えています。

中学時代に自分の将来に影響を与えたのが夏目漱石です。特に『三四郎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン