/

この記事は会員限定です

ワクチン特許停止、実効性は条件次第 量産技術難しく 

編集委員 安藤淳

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症のワクチンに関する特許権を一時的に停止し、貧しい国や地域の人たちも安価に十分な量を確保できるようにする――。世界貿易機関(WTO)において、途上国を中心に約60カ国が求めているこの提案を、米政府が支持すると表明した。ただ、仮に実現しても製造や試験に時間がかかる。普及が一気に加速する効果はなく、メーカーの打撃は小さいとの見方が広がる。中国の「ワクチン外交」に対抗する米国の政治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン